太陽光発電で光熱費を節約しよう

農地を使った太陽光発電

昨年、実家の隣にある畑が、太陽光パネルで埋まってしまいました。
驚きやら珍しくもあり、設置仕立ての頃は近所の人が見物に来ていました。
都会では、個人でもパネルを屋根に設置してばってんしている光景は珍しくないのですが、ここでは近隣でも初めて設置されたこともあってか、すごく注目されていました。
元々、果樹園を営んでいた農家だったのですが、後継者不足と経営が厳しいという理由からの太陽光発電へのシフトのようでした。
「どうせ、橡が遊ぶなら売電できる太陽光発電がいいのかな。」
というのが、ご近所方々の意見。
でも、よく考えると農地を他の目的で利用するには法的な手続がかなり大変だということを聞いたことがあります。
とはいうものの、実際に目の前には畑だった場所にパネルが設置されて、しっかりと発電されているので、そんな問題もクリアしているはずです。
それだけ太陽光発電は、まだまだ底堅いニーズがありそうで、近所の人々も検討し始めています。
急ぎのときは太陽光発電にお伝え下さい。